banner

利用する際のスケジュール

中古車オークションを利用する際のスケジュール

中古車オークションでは購入することも可能ですし売却することも可能ですが、購入と売却では契約が成立するまでのスケジュールが異なります。購入する場合には落札後に代金と必要書類の受け渡しが行われ契約が成立します。その後必要な手続きを経て依頼者のもとに運ばれることになります。一方で出品する場合には購入する場合よりも多くの手順を踏んで進めていくことになります。また会場でのセリ以外にも依頼者には負担がかかりますので、中古車オークションのメリットとデメリットを確実に把握してから依頼することが大切です。中古オークションは登録業者しか利用できませんので、売却する場合には登録済みの代行業者に依頼することになります。代行業者は出品車両をオークション会場まで運び、車両の状況を示す出品票を記入して手続きを行います。オークションで売却する場合には必ず会場まで車両を運ぶ必要がありますので、その時点から車には乗れない状況となります。仮にセリが不成立となった場合でも再度出品することが可能ですし売却を断念することも可能ですが、出品することによって一定の期間は確実に車がない状態となります。代行業者を通して売却する際に、同時に購入を予定している場合には代車を準備してくれる場合もありますので、事前に確認することが大切です。出品手続きが終了した車両は、オークション会場の検査員によって詳細な検査が行われます。検査によって外装や内装の評価が行われ総合評価点が付けられます。中古車オークションではインターネットからでも利用できるため、出品票の情報が最も信用できる内容となりますので、車両検査は非常に重要なものだと言えます。また検査によって付けられた評価点で価格が決まることと同じですから、出品者は少しでも点数が良くなるようにコンディションを調整して出品するのが普通です。検査が終了すればセリを待つ状態となりますが、この間に落札希望業者が実車の下見を行います。もちろん購入を目的に中古車オークションを利用する際には、出品票だけではわからない部分を下見によって確認することが可能です。中古車オークションでは、出品する場合には名義変更や売却に必要な書類を全て準備してから出品するのが普通ですから、契約が成立すれば代金が支払われるのを待つだけになります。落札後は1週間の間クレームが効きますので、落札者が車両を確認してクレームがなければ代金が支払われて契約が成立するスケジュールが一般的な流れとなります。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの便利な活用方法All Rights Reserved.